アートランド社紹介

升次郎とエテナシリーズを手がけるのは、1892年創業の東京荒川区にあるアートランド社です。

これらの製品は、金型を使って職人が一つ一つ鋳造する「金型手鋳造成形法」(かながたてちゅうぞうせいけいほう)という日本独自の伝統技法によって生み出されます。

「湯」(ゆ)と呼ばれる溶解させた地金(じがね)を鋳型(いがた)に流し込みながら、同時に鋳型を水で冷却する、焼き吹きという手法を用います。

複数の職人が加工仕上げ、研磨などの作業を分担し、一つの製品が出来上がります。

 

アートランド社 紹介動画

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。